ダランベール法の期待値と仕組みを理解しよう!手順や勝てる盤面紹介

トップ » 実践編 » ダランベール法の期待値と仕組みを理解しよう!手順や勝てる盤面紹介

「オンラインカジノで遊ぶなら、少しでもリスクの少ない資金管理やベットシステムを使いたい」「オンラインカジノで使える攻略法にはパーレー法やグッドマン法、ダランベール法、ココモ法とたくさんあってどれを使ったらいいのかわからない」

この記事ではたくさんの攻略法の中から、リスクが少なく負けにくい攻略法である「ダランベール法」について紹介します。

「オンラインカジノで負けたくない」「攻略法を使ってみたい」このように考えている人に読んでほしい内容です。

この記事を読んでわかるダランベール法の内容は下記5点です。

  • ダランベール法の賭け方
  • ダランベール法の勝てる盤面
  • シミュレーション結果
  • ダランベール法のメリットとデメリット
  • 改良して使いやすくする方法

これらについて詳しく解説します。「ダランベール法」について興味のある方は、ぜひ、参考にしてください。

ダランベール法とは

ダランベール法は勝ったときに賭け額を1単位減らして、負けたときに1単位増やすベットシステムです。

たったそれだけで、損失を抑えて、少しずつ利益を出します。ダランベール法の特徴は1回前の損失を次の勝ちでカバーするところです。

ダランベール法は18世紀に数学者のジャン・ル・ロン・ダランベールがあみ出した投資法です。

ダランベール法の手順

最初にダランベール法の手順について解説します。まず手順について覚えていきましょう。

ダランベール法の手順

  1. 最初の賭け額決定(準備)
  2. 賭け額の上限額決定(準備)
  3. プレイ中の賭け額(プレイ中)
  4. 辞め時(プレイ中)

以上の順で、解説していきます。

最初の賭け額決定

最初の賭け額を決定しましょう。賭け金の基準となる値なので、適当には決めません。

最初の賭け額を決める際に注意することは1つあります。

失ってもいい、負けてもいい金額はいくらか

資金が30ドルのときに、最初の賭け額を10ドルにすると、負け続けた場合に3回の実践しかできません。

負けてもいい金額と最初の賭け額のバランスが崩れると、ダランベール法が上手く機能する前に資金難や辞め時に達します。

資金が30ドルのときに、最初の賭け額を10ドルにすると、負け続けた場合に3回目の実践で資金が尽きます。

基本的に最初の賭け額は5ドルから10ドルの設定が多いです。最初の賭け額が多いからといって、利益が莫大に増えることはありません。

最初の額が5ドル 最初の額が10ドル
賭け額 勝敗 総損益 賭け額 勝敗 総損益
5ドル 勝ち +5ドル 10ドル 勝ち +10ドル
4ドル 勝ち +9ドル 9ドル 勝ち +19ドル
3ドル 負け +6ドル 8ドル 負け +11ドル
4ドル 負け +2ドル 9ドル 負け +2ドル

長く続けるほど利益を得やすい盤面が作りやすいダランベール法。長期戦を考えた最初の賭け額設定が好ましいです。

賭け額の増減額決定

ダランベール法は勝ったり、負けたりしたときに一定の金額が増減します。基本的に増減額は1ドルとします。

賭け額の上下額については、ダランベール法の改良ポイントとして後程ご紹介いたします。最初は1ドルでスタートしましょう。

勝ったときの手順

ここからは実際にプレイしたときの賭け額について解説します。

ダランベール法は勝ったとき、次の賭け額を前回よりも1ドル減少。勝つたびに1ドル減らすだけです。

賭け額を減らすということは、いつか賭け額が0になる可能性があるということです。

賭け額が0になったとき、勝ち続けているので、大抵は利益が確定している盤面です。そのままダランベール法を辞めても良いです。最初の賭け額に戻って、最初からリスタートしても大丈夫です。

負けたときの手順

ギャンブルで遊ぶのであれば、負けるときも必ずきます。ダランベール法を実践中に負けた場合は賭け額を1ドル増やしましょう。

勝ったときと負けるときで、それぞれ賭け額を増減させます。この仕組みが損失を最大限にカバーするポイントです。

ダランベール法が適応できるゲーム

ダランベール法の手順が分かったところで、次は使用できるゲームについて紹介します。

ダランベール法は勝率50%のゲーム、配当が2倍のゲームで使用可能。ダランベール法で使用できるものの中で下記5つについて紹介します。

  • ルーレット
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • fx
  • バイタリーオプション

ダランベール法をルーレットで試そう

ルーレットでは「カラー」「ハイ・ロー」「オッド・イーブン」に賭けると、配当2倍になります。ほかにも工夫した賭け方をすると、配当2倍になりますが、ダランベール法には向いていないため、今回は省略。

ルーレットはチップを置いてボールが止まる数字を予想します。賭け方がたくさんあるため、間違えないように気を付けてください。

カラーの賭け方

ハイ・ローの賭け方

オッド・イーブンの賭け方

ダランベール法をバカラを試そう

バカラはプレイヤーとバンカーに賭けると配当2倍になるため、ダランベール法で使用できます。バンカーのルールは簡単で、プレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想します。もちろん、引き分けもありますが、配当2倍、勝率50%ではないため、ダランベール法では賭けません。

写真の赤枠がプレイヤーとバンカーに賭けるときにチップを置く場所です

ダランベール法をブラックジャックを試そう

ブラックジャックも配当2倍の賭け方があります。ディーラーに勝つことです。ディーラーと自分のどちらかが勝つか負けるかのゲームなので、勝率は50%になります。

ブラックジャックはいかにカードを21に近づけるかが鍵です。トランプ運もありますが、自分のカード選択により、勝敗が左右するためほかのゲームより運要素は低めです。

ダランベール法をfxを試そう

fxはギャンブルのような明確な勝率や配当がないように感じますが、考え方によっては、ダランベール法が使用できます。

単純に、賭け金から増えたときは勝ったとし、賭け金が減ったときに負けたとすると、勝率は50%。

fxでダランベール法を使うときの注意点として、増加額が最初の賭けた額に変更されます。

下記表のように賭けてfxで試してみましょう。

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 1000円 負け -1000円
2回目 2000円 負け -3000円
3回目 3000円 勝ち 0円
4回目 2000円 勝ち +2000円

ダランベール法をバイタリーオプションを試そう

バイタリーオプションでダランベール法を試すときはfxと同じ要領です。最初の賭け額が賭け金の変化量。負けた際にはプラス、勝ったときにはマイナスします。

ダランベール法の損切りタイミングは?

ダランベール法の損切りタイミングは下記3点です。

  • 賭け額が0になる
  • 資金が底を尽きる
  • 利益が確定したとき

1番分かりやすい損切りのタイミングは賭け額が0になったときです。システム上、続けることも不可能で、この時点で利益が確定しています。

資金が底を尽きたときは、強制的に辞めることになります。

利益が確定したときを損切りタイミングにする場合、自分で辞めるタイミングを決めます。利益を計算しながらプレイしましょう。

ダランベール法が勝てる仕組み

ダランベール法は収支が安定し、ちょっとずつ利益を増やしていきます。リスクを最小限に抑えた攻略法といわれていますが、どのような点が優れているのでしょうか。

次はダランベール法の勝てる仕組みについて深掘りしていきます。

ダランベール法は負けたときに賭け額を減らすから安定

ダランベール法は負けたときに賭け額を減らします。負けたときに賭け額を増やすことで収支が安定しています。実際にダランベール法のやり方と賭け額が変動しないやり方とダランベール法と逆の賭け方で比較してみます。

ダランベール法のやり方

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 5ドル 負け -5ドル
2回目 6ドル 負け -11ドル
3回目 7ドル 勝ち -4ドル
4回目 6ドル 勝ち +2ドル

プラスマイナスしない

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 5ドル 負け -5ドル
2回目 5ドル 負け -10ドル
3回目 5ドル 勝ち -5ドル
4回目 5ドル 勝ち 0ドル

ダランベール法の反対のやり方

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 5ドル 負け -5ドル
2回目 4ドル 負け -9ドル
3回目 3ドル 勝ち -6ドル
4回目 4ドル 勝ち -2ドル

3つのやり方の結果

やり方 総損益
ダランベール法 +2ドル
プラスマイナスなし 0ドル
逆ダランベール法 -2ドル

最初の賭け額と勝敗については、全てのやり方で統一しています。シミュレーションの結果、ダランベール法のみ、収支がプラスになりました。

長期的に続けると勝率が50%に近づく

ダランベール法は勝率が多少悪くても、利益が出せる攻略法です。

勝率が50%のゲームで使用するときは、「半分は勝てるから必ず利益が出る」と感じるでしょう。しかし、負けが連続することもあり、勝敗が偏ります。

勝敗が偏らず、勝率を本来の50%に近づけるには、長くプレイすることが必須です。確率は収束するもので、1000回や10000回プレイすると、勝率は50%に近づきます。

ダランベール法で利益を得るためには、長期的にプレイし、勝率を50%に近づかせることがポイントです。

ダランベール法をシミュレーション・勝ち盤面の整理

ダランベール法がどのような盤面で勝ちやすいのか、整理しましょう。

プレイ条件

  • 最初の賭け額は10ドル
  • 賭け額の増減は1ドル
  • 賭け額が0になったときはリスタート
  • 10回プレイ

検証結果を表にまとめました。

数字 内容 結果
勝ち負け交互(負けから) +3ドル(徐々に増加)
勝ち負け交互(勝ちから) +5ドル(徐々に増加)
4勝6敗 -19ドル
5連勝から5連敗 +5ドル
5連敗から5連勝 +15ドル
10連勝 +55ドル
10連敗 -145ドル

検証の結果、勝ち負けの数が同じになるほど、ダランベール法は利益がプラスになりやすいです。

シミュレーション結果①

勝敗が交互(負けからスタート)の場合は徐々に利益が増加

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 負け -10ドル
2回目 11ドル 勝ち +1ドル
3回目 10ドル 負け -9ドル
4回目 11ドル 勝ち +2ドル
5回目 10ドル 負け -8ドル
6回目 11ドル 勝ち +3ドル
7回目 10ドル 負け -7ドル
8回目 11ドル 勝ち +4ドル
9回目 10ドル 負け -6ドル
10回目 11ドル 勝ち +3ドル

シミュレーション結果②

勝敗が交互(勝ちからスタート)の場合は徐々に利益が増加

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 勝ち +10ドル
2回目 9ドル 負け +1ドル
3回目 10ドル 勝ち +11ドル
4回目 9ドル 負け +2ドル
5回目 10ドル 勝ち +12ドル
6回目 9ドル 負け +3ドル
7回目 10ドル 勝ち +13ドル
8回目 9ドル 負け +4ドル
9回目 10ドル 勝ち +14ドル
10回目 9ドル 負け +5ドル

シミュレーション結果③

4勝6負の結果はマイナスでした。

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 負け -10ドル
2回目 11ドル 負け -22ドル
3回目 12ドル 負け -34ドル
4回目 13ドル 負け -47ドル
5回目 14ドル 負け -62ドル
6回目 15ドル 勝ち -47ドル
7回目 14ドル 勝ち -33ドル
8回目 13ドル 勝ち -20ドル
9回目 12ドル 勝ち -8ドル
10回目 11ドル 負け -19ドル

シミュレーション結果④

5回勝つから5回負けるパターンは5ドルプラスです。

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 勝ち +10ドル
2回目 9ドル 勝ち +19ドル
3回目 8ドル 勝ち +27ドル
4回目 7ドル 勝ち +34ドル
5回目 6ドル 勝ち +40ドル
6回目 5ドル 負け +35ドル
7回目 6ドル 負け +29ドル
8回目 7ドル 負け +22ドル
9回目 8ドル 負け +14ドル
10回目 9ドル 負け +5ドル

シミュレーション結果⑤

5連敗から5連勝では、プラス15ドルでした。

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 負け -10ドル
2回目 11ドル 負け -21ドル
3回目 12ドル 負け -23ドル
4回目 13ドル 負け -36ドル
5回目 14ドル 負け -50ドル
6回目 15ドル 勝ち -35ドル
7回目 14ドル 勝ち -21ドル
8回目 13ドル 勝ち -8ドル
9回目 12ドル 勝ち +4ドル
10回目 11ドル 勝ち +15ドル

シミュレーション結果⑥

10連勝

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 勝ち +10ドル
2回目 9ドル 勝ち +19ドル
3回目 8ドル 勝ち +27ドル
4回目 7ドル 勝ち +34ドル
5回目 6ドル 勝ち +40ドル
6回目 5ドル 勝ち +45ドル
7回目 4ドル 勝ち +49ドル
8回目 3ドル 勝ち +52ドル
9回目 2ドル 勝ち +54ドル
10回目 1ドル 勝ち +55ドル

シミュレーション結果⑦

10連敗負け

プレイ回数 賭け額 勝敗 総損益
1回目 10ドル 負け -10ドル
2回目 11ドル 負け -21ドル
3回目 12ドル 負け -33ドル
4回目 13ドル 負け -46ドル
5回目 14ドル 負け -60ドル
6回目 15ドル 負け -75ドル
7回目 16ドル 負け -91ドル
8回目 17ドル 負け -108ドル
9回目 18ドル 負け -126ドル
10回目 19ドル 負け -145ドル

ダランベール法のメリット

ダランベール法は下記3つのメリットがあります。

  • 賭け額の増え方は小さい
  • 損失が抑えられる・資金の減りは少ない
  • 軍資金が少なくても運用可能

これらについてそれぞれ解説します

賭け額の増え方は小さい

ダランベール法は賭け額が跳ね上がって、資金難になるようなことはありません。賭け額の上げ幅は基本的には1ドルです。

下記表のように5ドルからスタートして3連敗したとします。負けたときに賭け額が倍になるマーチンゲール法と比較。

プレイ回数 ダランベール法 マーチンゲール法
賭け額 総損失 賭け額 総損失
1回目 5ドル -5ドル 5ドル -5ドル
2回目 6ドル -11ドル 10ドル -15ドル
3回目 7ドル -18ドル 20ドル -35ドル

マーチンゲールは3連敗で賭け額が20ドルまで跳ね上がりました。それに対して、ダランベール法は賭け額が7ドルで、損益もマーチンゲール法の半分です。

この結果からも、ダランベール法は賭け額上昇が緩やかです。

損失が抑えられる・資金の減りは少ない

ダランベール法は長期的に使っても、損失分を抑えられるシステムです。1回の当たりで前回の負けをカバーできるように設定されています。

賭け額増加が1ドルであるため、資金の減りも少ないです。

総資金100ドルスタートの場合

プレイ回数 総資金 勝敗 賭け額 総損益
1回目 100ドル 負け 5ドル -5ドル
2回目 95ドル 勝ち 6ドル +1ドル
3回目 101ドル 負け 5ドル -4ドル
4回目 96ドル 負け 6ドル -10ドル
5回目 90ドル 勝ち 7ドル -3ドル
6回目 97ドル 負け 6ドル -9ドル
7回目 91ドル 負け 7ドル -16ドル
8回目 84ドル 勝ち 8ドル -8ドル
9回目 92ドル 勝ち 7ドル -1ドル

最終的な損失はマイナス1ドル。損失額はそれほど大きくなりません。

軍資金が少なくても運用可能

賭け額増減が1ドルであるため、資金は少なくても運用できます。ほかの攻略法と比較するとさらにわかりやすいです。

基本の単位を5ドルとし、モンテカルロ法、マーチンゲール法、ダランベール法、3つの攻略法の5連敗後の損失額を比較しましょう。

ダランベール法の5連敗

プレイ回数 賭け額 総損益
1回目 5ドル -5ドル
2回目 6ドル -11ドル
3回目 7ドル -18ドル
4回目 8ドル -26ドル
5回目 9ドル -35ドル

マーチンゲール法の5連敗

プレイ回数 賭け額 総損益
1回目 5ドル -5ドル
2回目 10ドル -15ドル
3回目 20ドル -35ドル
4回目 40ドル -75ドル
5回目 80ドル -155ドル

モンテカルロ法の5連敗

プレイ回数 賭け額 数列 総損失
1回目 20ドル 5,10,15 -20ドル
2回目 25ドル 5,10,15,20 -45ドル
3回目 30ドル 5,10,15,20,25 -75ドル
4回目 35ドル 5,10,51,52,25,30 -110ドル
5回目 40ドル 5,10,15,20,25,30,35 -150ドル

圧倒的にダランベール法の損失額が少ないです。少ない資金で運用できることを証明しています。

もちろん、マーチンゲール法やモンテカルロ法にはそれぞれのメリットがあります。自分に合った攻略法を使いましょう。

ダランベール法のデメリット

ダランベール法のデメリットは2つあり、「利益が小さい」「短期勝負は向いていない」です。

ダランベール法のデメリットを正しく理解して、負けない盤面を増やしていきましょう。

利益は小さい

ダランベール法は1回の勝利で大勝ちするような攻略法ではありません。1回分の負けを1回分の勝ちで補う攻略法です。

負けと勝ちを繰り返すことで徐々に利益を増やしていきます。そのため、1回の勝ちで大勝ちしたい人には向いていません。ほかの攻略法をおすすめします。

短期勝負は向いていない

ダランベール法は短期勝負に不向きです。ダランベール法が短期勝負に向いてない理由は下記2点です。

  • 勝ち負けが偏るとシステムが最大限に発揮できない
  • 利益が少しずつ増えるため

ダランベール法は徐々に利益を増やす特徴があります。短期勝負では勝敗が偏ることもあり、利益を確実に増やせない盤面があります。

ダランベール法は長期的にプレイすることで、利益を少しずつ増やせます。短期勝負を目的とする人は違う攻略法をおすすめします。

ダランベール法を改良するときの考え方

次に紹介するのはダランベール法の改良方法です。ダランベール法は完成している攻略法なので、システム自体は変更する必要がありません。

ダランベール法で改良できるのは、最初のベット額ベット増減額です。

この2つを変更する方法やバランスについて紹介します。

最初の賭け額と変化額の決め方

最初に、勝敗の回数と賭け額変化量から利益が出るのか確認します。

検証の共通条件

  • 200回プレイ
  • 勝敗結果は98回の勝ちと102回の負け
  • 勝敗は負け→勝ちを繰り返し、最後に4連敗
回数 条件 結果
1回目

最初の賭け額 10ドル

変化量 1ドル

+53ドル
2回目

最初の賭け額 20ドル

変化量 1ドル

+12ドル
3回目

最初の賭け額 20ドル

変化量 2ドル

110ドル

1回目の検証結果は「負け→勝ち」で利益が1ドル出ます。それが98回起きるため、98ドルの利益。最後の2連敗は-10ドル、-11ドル、-12ドル、-13ドルとなるため、

99-46=53

53ドル分の利益が出ました。

利益が出たため、この条件では改良がいらないと判断できます。

2回目も1回目と同様に98ドルの利益。

最後に4回分多く負けているので、-20、-21、-22、-23となり、

98-86=12

12ドルの利益になりました。

1回目より、利益が少なくなりました。この結果から、最初の賭け額が大きいと、利益が少なくなる可能性があります。

3回目は最初の賭け額20ドル、増加量を変えて2ドルにします。

「負け→勝ち」が1回起こると、利益は2ドル。これが98回続くと、利益は196ドルになります。

最後に4回分負けるため、-20、-21、-22、-23

196-86=110ドル

総利益は110ドルになりました。

ダランベール法を改良したいときは増加量と最初の賭け額を変更しましょう。賭け額の変化量は利益を増やすことに直結します。

最初の賭け額は利益に直結しませんが、ダランベール法を長く続けるには小さすぎてもダメです。賭け額の変化量を大きくしたいなら、最初の賭け額も大きくする必要があります。

だいたい、賭け額の10%を増加量にすると、ちょうど良い値になります。

自分の資金量と賭け額、増加量とのバランスを考えて、最初の賭け額は決定しましょう。

まとめ

ダランベール法について紹介しました。ダランベール法は最初の賭けを決めて、負けたときはプラス1ドル、勝ったときはマイナス1ドルする攻略法です。

ダランベール法は損失を最大限に抑えて、利益を少しずつ増やすシステムです。ダランベール法を運用するときは

  • 長期プレイ
  • コツコツ利益を生み出す
  • 勝率50%のゲームで使用

この3つを心がけてプレイしましょう。

ダランベール法を改良するときは賭け額の変化量を増やします。変化量を増やしたときは、最初の賭け額も多少は増やしましょう。最初の賭け額が小さすぎては、長期的にプレイできません。

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
ベラジョン
30ドルの入金不要ボーナスを今すぐゲット!
DORA麻雀
dora mahjong
おすすめ度
5.0 rating
DORA麻雀
業界№1オンライン賭け麻雀するなら「DORA麻雀」
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
カジノシークレット
今なら最高500ドルのキャッシュバックボーナスが貰える!
ラッキーニッキー
Luckyniki
おすすめ度
4.0 rating
ラッキーニッキー
新規プレイヤーは最高999ドル貰える!
カジノ
4.0 rating
リリベットカジノには、3,300種以上のゲームがあります。ブラックジャックやルーレットなどのカジノの定番ゲーム…
4.3 rating
beebetは、スポーツベットが楽しめるオンラインカジノです。サッカーや野球などのメジャースポーツにベットでき…
4.3 rating
業界一のライブハウスで遊べるライブカジノハウス。VIP制度の充実さやキャンペーン内容の豊富さなども魅力。入出金…
4.5 rating
チェリーカジノは、創業50年以上の歴史を誇る老舗サイトで、「Best Online Gaming Operat…
4.3 rating
ライブディーラーの人数は業界トップクラスのエンパイアカジノ。VIP制度やリベートボーナスなどもたと比較してもト…
4.7 rating
モンカジでは、3500種類以上の豊富なゲームが用意されています。また、ベットした金額の一部が返金されるキャッシ…
CASINO JUICE (カジノジュース)
©️ Copyright 2021 CASINO JUICE