ブラックジャックで使える必勝法を徹底解説!

トップ » 実践編 » ブラックジャックで使える必勝法を徹底解説!
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

ブラックジャックは、オンラインカジノの中でも還元率が高いゲームです。
世界的にもメジャーなゲームで、幅広いカジノユーザーから高い人気を誇っています。

ブラックジャックの高い還元率を最大限活用するためには、必勝法の利用が必要不可欠。
戦略によっては「還元率102%」になると言われています。

「ブラックジャックの必勝法は何がある?」
「必勝法の具体的な使い方が知りたい!」

こんな方のために、当記事ではブラックジャックで使える必勝法をまとめています。
最後まで読めば、ブラックジャックの勝率を上げられるのは間違いないでしょう。

ブラックジャックの必勝法は効果がある?

ブラックジャックの攻略法

ブラックジャックで必勝法を使うことに効果はあるのでしょうか?

  • 102%の高いペイアウト率を誇る
  • 勝率を上げることで配当金の獲得が増える
  • ギャンブルから仕事として活動できる

ブラックジャックで必勝法を使うことで、以上のような効果があります。全てのプレイヤーに効果があるというわけではありませんが、必勝法を使うことで勝率が上がることは確かです。

102%の高いペイアウト率を誇る

ブラックジャックは他のカジノゲームよりペイアウト率が高く、最高で102%となっています。カジノゲームで遊んだトータルに対して、102%の利益を上げる可能性があるということになります。

一般的なカジノゲームの中でも勝率が高いので、必勝法を使うことで勝ちやすくなると言えるでしょう。

勝率を上げることで配当金の獲得が増える

必勝法や戦略を効果的に使用することで、勝率や収益を向上させることができます。ブラックジャックをプレイする際のリスクを最小限に抑えつつ、最大限の利益を追求することが可能となります

ブラックジャックは運だけではなく戦略とスキルにも依存しており、戦略を習得することで継続的に利益を上げることができるようになるでしょう。

ギャンブルから仕事として活動できる

ブラックジャックは最大のペイアウト率が102%とされており、適切な戦略を使用することでプレイヤーが利益を上げやすいカジノゲームであるといえます。ペイアウト率は、プレイヤーが長期的にカジノゲームでプレイすることにより、多くのお金を獲得する可能性があることを意味します。

ペイアウト率は短期間で勝負するプレイヤーには不向きで、長期的に勝負することで効果が期待できるといえるでしょう。

したがって、ブラックジャックの必勝法や戦略を習得することが大事といえます。そのため、ゲームをランダムな結果に依存する単なるギャンブルから、スキルと戦略に基づいて収益を最大化するビジネスへと変えることができます。

ブラックジャックに最適な攻略法3選

早速、ブラックジャックでもっとも活躍する3つの必勝法を紹介していきます。
最初に紹介する必勝法は、以下の3つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

必勝法の名前 難易度 勝率への影響
ベーシックストラテジー 初心者〜 大きい
カウンティング 中級者〜 かなり大きい
システムベット 初心者〜 勝率を上げることはできない

ブラックジャック必勝法1:ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーは、「ストラテジーチャート」と呼ばれる表を使ったブラックジャックの必勝法です。
表は確率に基づいて作られており、それに基づいて行動するだけで長期的な勝率が上がっていきます。

ベーシックストラテジーの使い方は難しいものではありません。
自分のカード2枚と、ディーラーのアップカードの組み合わせを表から探し出すだけです。

ベーシックストラテジーで使う表は、主に下記の3種類。

  • ハーフハンド
  • ソフトハンド
  • スプリット

それぞれの使い方について、詳しく解説していきます。

ストラテジーチャート:ハーフハンド

ハードハンドとは、「A」のカードを「1」としてカウントすることです。

ハードハンドのストラテジーチャートは、以下をご参考ください。
※表は2分割しています。

プレイヤーの合計値 ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6
8以下 H H H H H
9 H D D D D
10 D D D D D
11 D D D D D
12 S S S S S
13 S S S S S
14 S S S S S
15 S S S S S
16 S S S S S
17以上 S S S S S
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン
プレイヤーの合計値 ディーラーのアップカード
7 8 9 10 A
8以下 H H H H H
9 H H H H H
10 D D D H H
11 D D D D H
12 H H H H H
13 H H H H H
14 H H H H H
15 H H H H H
16 H H H H H
17以上 S S S S S
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン

自分の手札がハードハンドの場合、ストラテジーチャートは上記のようになります。
表の中からカードの組み合わせを探して、該当するアクションを選択しましょう。

ブラックジャックは、ハーフハンドになることがもっとも多いゲームす。
必然的に、ハーフハンドのストラテジーチャートを使うことも増えるでしょう。

ベーシックストラテジーのダブルダウンは、状況によってはヒットを選択したほうがいいときがあります。

ストラテジーチャート:ソフトハンド

ソフトハンドとは、自分の手札の「A」を「11」とカウントすることです。

ソフトハンドの場合のストラテジーチャートは、以下をご覧ください。
※表は2分割しています。

プレイヤーの合計値 ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6
A + 2 H H H D D
A + 3 H H H D D
A + 4 H H D D D
A + 5 H H D D D
A + 6 H D D D D
A + 7 S D D D D
A + 8 S S S S S
A + 9 S S S S S
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン
プレイヤーの合計値 ディーラーのアップカード
7 8 9 10 A
A + 2 H H H H H
A + 3 H H H H H
A + 4 H H H H H
A + 5 H H H H H
A + 6 H H H H H
A + 7 S S H H H
A + 8 S S S S S
A + 9 S S S S S
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン

自分の手札がソフトハンドの場合は、上記のようなストラテジーチャートになります。

ソフトハンドは、ハードハンドとは違いヒットしてもバーストすることがありません
そのため、強気の選択をすることができます。

具体的な進め方を画像付きで紹介していくので、参考にしてみてください。

配られた手札に「A」があるか確認

ベーシックストラテジー

このケースでは、「A」と「2」のカードが配られています。
そして、ディーラーのアップカードは「10」です。

ダウンカードが「10」と仮定した場合、ディーラーに負けてしまいます。
ベーシックストラテジーに沿ってここはヒットを選択しましょう。

ヒットで「10」のカードを引いた

ベーシックストラテジー

ここで、ヒットによって「10」のカードを引きました。
現在のカード合計値は「13」です。

「A」を「1」と扱っているので、それを前提にストラテジーチャートから行動を選択しましょう。

プレイヤーが「13」、ディーラーが「10」の場合はヒットを選択します。

ヒットで「6」のカードを引いた

ベーシックストラテジー

「6」を引いたことで、合計値が「19」になりました。
ストラテジーチャートに則って、スタンドを選択します。

ソフトハンドの場合は、このようにゲームを進めていきます。

ストラテジーチャート:スプリット

スプリットを行う場合のストラテジーチャートは、以下のとおりです。
※雹は2分割しています。

プレイヤーの合計値

ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6
2.2 Sp Sp Sp Sp Sp
3.3 Sp Sp Sp Sp Sp
4.4 H H H Sp SP
5.5 D D D D D
6.6 Sp Sp SP Sp Sp
7.7 Sp Sp Sp Sp Sp
8.8 Sp Sp Sp Sp Sp
9.9 Sp Sp Sp Sp Sp
10.10 S S S S S
A.A Sp Sp Sp Sp Sp
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン Sp=スプリット

プレイヤーの合計値

ディーラーのアップカード
7 8 9 10 A
2.2 Sp H H H H
3.3 Sp H H H H
4.4 H H H H H
5.5 D D D H H
6.6 H H H H H
7.7 Sp H H H H
8.8 Sp Sp Sp Sp Sp
9.9 S Sp Sp S S
10.10 S S S S S
A.A Sp Sp Sp Sp Sp
H=ヒット S=スタンド D=ダブルダウン Sp=スプリット

スプリットとは、最初に配られたカードが同じ数字だったときに選択できるアクションです。
スプリットを選択するとカードが分割できるようになり、2つの手札で勝負ができます。

実例を交えた解説は、以下のとおりです。

プレイヤーが「8 . 8」、ディーラーが「7」

ベーシックストラテジー スプリット

最初に配られたカードが「8」と「8」で、ディーラーのアップカードは「7」です。

ベーシックストラテジーに沿って行動すると、ここはスプリットを選択します。

片方が「18」、もう一方が「12」になる

ベーシックストラテジー スプリット

片方が「18」になったので、ベーシックストラテジーに則ってスタンドを選択。
もう片方は「12」になったので、ヒットを選択します。

注意点として、「A」のスプリットを選択した場合は、3枚目は引くことができずそのままスタンドになるので気をつけましょう。

スプリットで戦略を立てる場合は、このようにゲームを進めていきましょう。

ブラックジャック必勝法2:カウンティング

カウンティングとは、使われたカードを記憶して、これから出るカードを予測する技術のことです。

ブラックジャックで使われるデッキには偏りがあります。
例えば、ゲーム前半では「10」のカードがたくさん使われたとしましょう。
そう仮定した場合、残りのカードには「10」が少ないと判断できるのです。

オンラインカジノではカード数が多く、デッキが半分ほどになるとシャッフルされます。
そのため、ランドカジノよりはカウンティングの効果が期待できません。
しかし、勝率が上がるのは間違いないので、余裕があれば実践していきましょう。

カウンティングの流れ

一番有名なハイローシステムを例に使いながら、カウンティングの流れを説明をしていきます。

ハイローシステムとは、引かれたカードを「1」「0」「-1」の3グループに分けてカウンティングしていく方法のことです。

  • 「-1」のカード
    「10」と「A」
  • 「0」のカード
    「7〜9」
  • 「1」のカード
    「2〜6」

上記のようにカウントしていき、合計値によってディーラーとプレーヤーどちらが有利かを判断します。

例として実践形式でカウンティングをしていきましょう。

合計値がマイナスの場合

  • ディーラー
    「9」と「8」、両方とも「0」なのでカウントの合計は「0」になります。
  • プレイヤー1
    「6」と「Q」、「1」と「-1」なのでカウントの合計は「0」になります。
  • プレイヤー2
    「8」と「10」、「0」と「-1」なのでカウント合計は「-1」になります。
  • プレイヤー3
    「8」と「J」、「0」と「-1」なのでカウント合計は「-2」になります。

今回の例では、合計値が「-2」になりました。

カウントがマイナスになることは、「10」と「A」のカードが多く使われたことを意味します
つまり、デッキに「2〜6」の数字の小さいカードが多いことになるので、ディーラー側がバーストをしづらくなります。

また、プレイヤー側も小さいカードを引くことが多くなるため、必然的にヒットする回数が増えますね。

合計値がマイナスの場合はディーラーが有利になるので、慎重な行動を心がけましょう。

合計値がプラスの場合

  • ディーラー
    「5」と「J」、合計値は「0」のままになりますね。
  • プレーヤー1
    「6」と「9」、合計値は「1」になります。
  • プレイヤー2
    「4」と「Q」、合計値は変わらず「1」になります。
  • プレイヤー3
    「Q」と「6」、合計値は「1」のままで終わりました。

2回目は1回目の例とは異なり、合計値がプラスでした。

合計値がプラスになることは、デッキ内に「10」と「A」のカードが多いことを意味します。

つまり、プレイヤー側は「21」に近いカードを引きやすくなります
ディーラーも「21」に近いカードを引きやすくなりますが、「16」以下を引いたらバーストする確率も上がるので不利と言えるでしょう。

プラスの場合は、プレイヤーに有利と考えて、攻めた引き方を試してみてください。

ブラックジャック必勝法3:システムベット

「システムベット」とは、規則的にベットしていく必勝法です。
1つ前のゲームの勝敗や賭け金によって、ベットスル金額を設定します。

システムベットの特徴は、規則的に賭けるので、大きな負けに繋がりにくいことです。
賭け金を感情に左右されず、地道に勝利金を増やせることから、多くのカジノプレイヤーが利用しています。

代表的なシステムベットを3つ紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

マーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、損失が出たら次の賭け金を倍にしていくシステムベットです。

例えば、1ドルで遊ぶとしましょう。

  • 1ゲーム目に勝った場合
    次のゲームも1ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目に負けた場合
    1ドルの倍の2ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目で負け、2ゲーム目で勝った場合
    次のゲームからは1ドルベットに戻す。
  • 2ゲーム目も負けた場合
    2ドルの倍の4ドルを賭ける。
1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル
負→ 2ドル 負→ 4ドル 負→ 8ドル

このように負けたら賭け金を2倍にしていくのですが、1度でも勝てば利益が発生します。

しかし、もちろん連敗すれば賭け金も膨れ上がっていきます。
最後に勝てば問題ありませんが、連敗が続いて数分で資金が尽きるなんてこともあるでしょう。

マーチンゲール法を使う場合は、十分な資金と常に冷静で遊ぶ覚悟を準備して挑みましょう!

グッドマン法

グッドマン法は、少しずつ勝利金を増やしていく手堅いシステムベットです。 
連勝するたびに、賭け金を少しずつ増やしていきます。

連勝数 賭け金 利益
初回ベット額 1ドル 0ドル
1連勝 2ドル 1ドル
2連勝 3ドル 3ドル
3連勝 4ドル 6ドル
4連勝以降 5ドル 11ドル

4連勝以降は、勝利が続く限りずっと同じ賭け金にします。

負けた場合は、最初のベット額から再開。
連勝すれば同じようにベット額を増やしていきます。

グッドマン法は連勝するほど利益を増やせるので、地道に勝利を重ねたい人は実践してみましょう!

10%法

10%法とは、その名の通り資金の10%を賭け金にしていくシステムベットです。
資金の10%を賭けるだけなので、簡単ですぐに使うことができますね。

自分の資金によってベット額が変わるため、資金が増えるほど賭け金も上昇することになります。
また、逆に資金が少ないと賭け金も減っていくため、大きな負けに繋がりにくいことが特徴です。

デメリットとしては、勝敗が交互になると損失に繋がってしまう点が挙げられます。

ゲーム数 勝敗 資金 賭け金 ゲーム後の資金
1 勝ち 100 10 110
2 負け 110 11 99
3 勝ち 99 9 108
4 負け 108 10 98
5 勝ち 98 9 107
6 負け 107 10 97

このように、勝敗が交差すると結果的に損失が生まれてしまいます。

10%法は、連勝や連敗時に効果を発揮することを覚えておきましょう。

損失回避したい際に使えるブラックジャック必勝法

ここからは、ブラックジャックに限らず、カジノゲーム全体の損失を抑える必勝法を紹介していきます。

それぞれの特徴ややり方を見ていきましょう。

オスカーズグラインド法

オスカーズグラインド法

オスカーグラインド法は、勝利金額をベースにベット額を調整していく必勝法です。
損失が拡大しにくく、堅実に利益が積み上がる仕組みになっています。

具体的には、はじめに「1ユニット=◯ドル」を設定してください。
その後、純損益に応じてベットするユニット数を調整していきます。

基本的には勝率50%(配当2倍)のゲームで運用される必勝法です。
しかし、損失をベースに考えるため、ブラックジャックでも十分に活用できます。

堅実に損失を抑えたい方は、オスカーグラインド法を利用しましょう。

2in1法

2in1法

2in1法は、数列を用いて2回分の損失を1回の勝利で打ち消す必勝法です。
基本的には、勝率50%のゲームで利用されます。

具体的な手順は下記のとおりです。

  1. 「1単位」を決定
  2. 2連敗するまでは1単位をベット
  3. 負けが続く限り、1単位をベースに補填できる金額をベット
  4. 勝利したら、数列の数字に応じてベット額を変更

前提として、ブラックジャックの勝率は50%ではありません
しかし、2回の損失を1回で打ち消す手法は十分に通用します。

コツコツ数列を管理できる方は、2in1法の運用もおすすめです。

ココモ法

ココモ法

ココモ法は負け続けても、1回の勝利で利益をあげる必勝法です。 

マーチンゲール法に少し似ていますが、負けたときの賭け金額が緩やかなのが特徴となります。

例をあげると

  • 1ゲーム目に勝った場合
    次のゲームも1ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目に負けた場合
    1ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目で負け、2ゲーム目で勝った場合
    次のゲームからは1ドルベットに戻す。
  • 2ゲーム目も負けた場合
    2ドルを賭ける。
1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル
負→ 1ドル 負→ 2ドル 負→ 3ドル

以上のようにマーチンゲール法よりも賭け金額は緩やかですが、勝利しても利益は少なくなっています。賭け金額を抑えてコツコツ利益を上げたい人におすすめの必勝法です。

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は、連敗した損失分を1回の勝利で全て打ち消し利益を上げる必勝法です。
基本的には、勝率50%で2倍配当のゲームで利用されます。

マーチンゲール法よりも攻撃的で、負けた金額の2倍+1ドルをベットして配当金を獲得していきます。

例をあげると以下のようになります。

  • 1ゲーム目に勝った場合
    次のゲームは1ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目に負けた場合
    2倍+1ドルで3ドルを賭ける。
  • 1ゲーム目で負け、2ゲーム目で勝った場合
    次のゲームからは1ドルベットに戻す。
  • 2ゲーム目も負けた場合
    7ドルを賭ける。
1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル 勝→ 1ドル
負→ 4ドル 負→ 7ドル 負→ 15ドル

マーチンゲール法よりも賭け金が倍以上と高額になっていくので、資金を多く必要とします。

しかし、勝利をすると賭け金額が返ってくるばかりか、利益を上げることが可能です。
ゲームで負け続けると高額な資金を必要とするので、資金に余裕がないと厳しい攻略法でもあります。

グランマーチンゲール法は、資金に余裕がありコツコツと利益を上げるときにおすすめの必勝法です。

ウィナーズ法

ウィナーズ法

ウィナーズ法は、オンラインカジノのテーブルゲームやライブカジノで使用される戦略の一つで、投資や外国為替取引のマネー管理システムとしても適用されることがあります。

連続した後に連続した勝利で損失を徐々に回復することを目的としており、低いベット額でのプレイが特徴なのでリスクが低くなります。

ペンと紙、またはアプリを使用して数列を利用して賭けを行なっていき、2連敗後からウィナーズ法の必勝法が開始です。

  • 賭け金額は数列の左の数字を2倍
  • 負けると賭け金額を数列の右側に記入
  • 勝利すると左の数字を削除
  • 数字がなくなると利益が発生

以上の流れでウィナーズ法は進行していきます。例として以下の表を参考にしてください。

ゲーム回数 数列 賭け金 勝敗 トータル損益
1回目 1 1ドル 負け -1ドル
2回目 1.1 1ドル 負け -2ドル
3回目 1.1 負け 2ドル -4ドル
4回目 1.1.2 勝利 2ドル -2ドル
5回目 1.1.2 勝利 2ドル 0ドル
6回目 1.1.2 勝利 4ドル +4ドル
7回目 1.1.2

負け続ける毎に数列を増やしていき、表のように数列が全て無くなれば利益が確定です。連続で勝利したり、負けと勝ちが交互する場合には利益があまり得ることができないので注意が必要です。

他の必勝法を利用していても、2連続で負け続けた場合にウィナーズ法に切り替えることも可能です。

利益拡大したい際に使えるブラックジャック必勝法

次に紹介するのは、利益の拡大を目的とした必勝法です。
攻めの攻略法」といった考え方が適用できます。

それぞれのやり方や特徴を見ていきましょう。

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法は、勝利時にベット額を倍々に増やしていく必勝法です。
噛み合えば爆発的に利益が積み重なっていく特徴を持っています。

具体的な手順は、下記のとおりです。

  1. 1ドルをベットして勝利
  2. 倍の2ドルをベットして勝利
  3. 倍の4ドルをベットして勝利

ベット額を倍にしていくだけなので、非常にわかりやすい手順です。

注意点として、辞め時を間違えると損失が大きくなります
ブラックジャックでは「ここだ!」と思った手堅いカードが連続したと感じたら、一時的に活用するとよいでしょう。

グランパーレー法

グランパーレー法

グランパーレー法は、勝利時に「前回の賭け金2倍 + 設定した1単位」を増やしていく必勝法です。
勝率が高いゲームで利用するのが一般的なので、手札が上振れていると感じたタイミングで使うとよいでしょう。

具体的な手順は、次のとおりです。

  1. 1単位を設定
    (例:5ドル)
  2. 1回目のベット
    15ドル(5×2 + 5)
  3. 2回目のベット
    35ドル(15×2 + 5)
  4. 3回目のベット
    75ドル(35×2 + 5)

上記のように、設定した単位に応じてどんどん賭け金を増やしていきます。

ギャンブル性が高い手法のため、辞め時は非常に大切です。
ピンポイントで活用して、沼にはまらないように注意しましょう。

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、数列をベースにベット額を決定する必勝法です。
カジノユーザーから幅広く利用されており、長時間プレイするとより効果を発揮すると言われています。

モンテカルロ法では、はじめに基準となる数列を決定します。

  • 「1、2、3」
  • 「2、4、6」
  • 「5、10、15」

数列は好きな数字で問題ありませんが、決定後は変更しないようにしましょう。

数列を決定したら、その数字を基準にベットしていくだけです。

具体的な手順(「1、2、3」の場合)

「1,2,3」の数列の場合は、はじめに数字を合計した4ドルをベットします。

その後、勝ち or 負けでベット額を調整しましょう。

勝った場合

モンテカルロ法

勝利した場合は、数列の両端の数字を削除します。
次のベット額は、残った数列を足した数字です。

最終的に数字が1つも無くなったタイミングで、プレイを中止しましょう。

負けた場合

モンテカルロ法

負けた場合は、前回のベット額を数列の右端に追加します。
次のベット額は、追加した数字も含めた金額です。

負けが続くほど、次にベットする金額は上昇していきます。

上記を繰り返して、最終的に数字が無くなる状況を目指しましょう。

バーネット法

バーネット法

バーネット法は、「1、3、2、6」の数字を基準にベットしていく必勝法です。
勝率50%のゲームと相性が良いと言われています。

具体的な手順は下記のとおりです。

  1. 1ドルをベットして勝利
  2. 3ドルをベットして勝利
  3. 2ドルをベットして勝利
  4. 6ドルをベットして負け
  5. 1ドルに戻す

負けた場合は賭け金をいつでも1ドルに戻せるため、損失が拡大しにくくかつ利益も積み上げやすいと言われています。

ブラックジャックでも活用できるので、リスクを取らずに勝利を積み上げたい場合は、バーネット法を活用していきましょう。

ハーフストップ法

ハーフストップ法

ハーフストップ法は、やり方を守れば必ず勝利してやめられる必勝法です。
難しい手順も必要ないので、簡単に実践できます。

具体的な手順は下記のとおりです。

  1. 好きなブラックジャックで一度勝利する
  2. 利益の半分を保存、残り半分をベット
  3. 半分の利益がなくなり次第終了

終了時点では、必ず最初の利益の半分が残っている状態になります。
残りの半分は、好きな方法でベットして大丈夫です。

他の必勝法と組み合わせることで、最大の効果を発揮するでしょう。

キャンセレーション法

キャンセレーション法

キャンセレーション法は、最初に目標利益を決めて数列を活用していく必勝法です。

モンテカルロ法によく似た必勝法で、最初に目標利益を設定します。

  • 目標利益を分割し数列に表す。
  • 最初と最後の数字を足し賭け金額を決定
  • 負けたら数列の後に負け金額をプラスしていく
  • 勝利の場合は左右の数字を消す

10ドルを目標利益とした場合の参考として、以下の表を確認ください。

ゲーム回数 数列 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 1.2.3.4(合計10ドルになるように分割) 5ドル(最初と最後の数字を足す) 負け -5ドル
2回目 1.2.3.4.5 6ドル 負け -11ドル
3回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 勝利 -4ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 勝利 3ドル
5回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 勝利 10ドル
6回目 1.2.3.4.5.6 10ドル

以上のように、10ドルの利益が出るまで必勝法を利用して勝負をしていきます。獲得したい目標利益によって数式の数字を変わってくるので、予算内で活用できる数字で勝負をしていきましょう。

チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法は、予選と決勝に分けて数列を使用して行う必勝法です。

トーナメント方式の必勝法で、メモを利用してゲームを進めていきます。

  • 数列を1.1と記入する
  • 両方の数字を足した金額をベットする
  • 負けた場合は右端にベット額を記入(1.1.2)
  • 勝利時は両端の数字を削除(1.1.2
  • 全ての数字が消えたら予選は終了
  • 決勝戦は1.1.1の数列で同様にゲームを進める

以上のように予選と決勝を2回づつ、計4回ゲームを進めて終了です。わかりやすいように、表を使って説明するので参考にしてください。

ゲーム回数 数列 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 1.1 2ドル 負け -2ドル
2回目 1.1.2 3ドル 負け -5ドル
3回目 1.1.2.3 4ドル 負け -8ドル
4回目 1.1.2.3.4 5ドル 勝利 -3ドル
5回目 1.1.2.3.4 4ドル 勝利 1ドル
6回目 1.1.2.3.4 2ドル 勝利 3ドル
7回目 1.1.2.3.4 3ドル

以上のように数列の数字が全て消えたら、予選は終了です。決勝戦は、数列を1.1.1の3つの数字を記入し、全ての数字が消えるように予選同様ゲームを進めていきます。

最終的に計4回のゲームが終了すると、チャンピオンゲーム法は完了です。再度始める場合は、上記と同じようにゲームを進めてください。

利益のバランスを重視したブラックジャック必勝法

次に利益のバランスを重視した必勝法を紹介します。

それぞれの特徴ややり方を見ていきましょう。

10ユニット法

10ユニット法

10ユニット法は、目標利益や設定した損失額より負けることがない必勝法になります。

正しく攻略法を使用しないと、負けてしまうことが多くなるので注意が必要です。10ドルに目標利益を設定した場合の例を、以下で解説していきます。

  • 損切り額は10ユニット分の10ドル
  • 数列を1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
  • 両端の数字を足した金額をベットする
  • 負けた場合は右端にベット額を記入(1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2)
  • 勝利時は両端の数字を削除(1.1.1.1.1.1.1.1.1.12
  • 全ての数字が消えたら利益10ドル獲得

以上にように進めることで、目標利益を獲得できます。しかし目標利益に到達せず、10ドル使ってしまったらそこでゲームは終了となります。

詳しい手順として以下の表を参考にしてください。

ゲーム回数 数列 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1 2ドル 負け -2ドル
2回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2 3ドル 勝利 1ドル
3回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2 2ドル 勝利 3ドル
4回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2 2ドル 勝利 5ドル
5回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2 2ドル 負け 3ドル
6回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2 3ドル 勝利 6ドル
7回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2 2ドル 勝利 8ドル
8回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2 2ドル 勝利 10ドル
9回目 1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.2 10ドル

以上のように10ドルの利益が出たので終了ですが、-10ドルになってしまった場合も終了です。目標利益と損切り目標額を設定することで、利益と損益を最小限に抑えることができます。

ラブシェール法

ラブシェール法

ラブシェール法は、最大損失額を最初に設定しゲームを進めていく必勝法です。数式を利用して必勝法を進めていきますが、モンテカルロ法のように勝利したら数字を消す方法の逆バージョンになります。

最大損失額を10ドルと設定した場合の必勝法の使い方を紹介します。

  • 合計10ドルになるように数式を適当に書いていく
  • 1.2.3.1.2.1
  • 両端の数字を足してベットする
  • ゲームで勝利したらベット額の数字を追加
  • ゲームで負けた場合は両端の数字を削除
  • 全ての数字がなくなったら損切りのタイミングなので終了
  • 勝利が続くだけ進めて行くか途中で終了

ラブシェール法は最大損失額を決めていますが、勝利に対してはやめどきはありません。そのため損失が出る前に一度終了し、再度仕切り直すようにしましょう。

ベット額が大きくなっていく傾向にあるので、一気に利益を失わないようにコントロールすることが勝利の近道です。

表を使ってゲームの流れをみていきましょう。

ゲーム回数 数列 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 1.2.3.1.2.1 2ドル 負け -2ドル
2回目 1.2.3.1.2.1 4ドル 負け -6ドル
3回目 1.2.3.1.2.1 4ドル 勝利 -2ドル
4回目 1.2.3.1.2.1.4 7ドル 勝利 5ドル
5回目 1.2.3.1.2.1.4.7 10ドル 負け -5ドル
6回目 1.2.3.1.2.1.4.7 5ドル 負け -10ドル
7回目 1.2.3.1.2.1.4.7 -10ドル

ダランベール法

ダランベール法

ダランベール法は、基本となる賭け金額を決めて、負けたらプラス1ドル、勝利したらマイナス1ドル増減をしていきます。基本の賭け金額が0になったら、リセットをして初めからやり直していく必勝法です。

基本の賭け金額を0にせず1ドルで賭け続けてもいいですが、利益が1ドルづつなのでおすすめしません。以下の表で簡単に必勝法の流れを紹介しているので、参考にしてください。

ゲーム回数 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 5ドル 勝利 5ドル
2回目 4ドル 負け 1ドル
3回目 5ドル 負け -4ドル
4回目 6ドル 勝利 2ドル
5回目 5ドル 勝利 7ドル
6回目 4ドル 勝利 11ドル
7回目 3ドル 勝利 14ドル
8回目 2ドル 勝利 16ドル
9回目 1ドル 勝利 17ドル
10回目 0ドル 17ドル

逆ダランベール法

逆ダランベール法

逆ダランベール法は、基本となる賭け金額を決めて、勝利したらプラス1ドル、負けたらマイナス1ドルを増減していきます。ダランベール法の逆で、損失をあらかじめ決めておくことで、損失を最低限に抑えることができます。

逆ダランベール法は勝利を続けるとベット金額が増えていくので、やめ時も考えていく必要があるので注意しましょう。基本の賭け金額が0になるか、勝利を続けて利益を出し続けるかの2択の必勝法です。

以下の表で一連の流れを紹介するので、参考にしてみてください。

ゲーム回数 賭け金額 勝敗 トータル損益
1回目 5ドル 勝利 5ドル
2回目 6ドル 負け -1ドル
3回目 5ドル 負け -6ドル
4回目 4ドル 勝利 -2ドル
5回目 5ドル 負け -7ドル
6回目 4ドル 負け -11ドル
7回目 3ドル 負け -14ドル
8回目 2ドル 負け -16ドル
9回目 1ドル 負け -17ドル
10回目 0ドル -17ドル

ブラックジャックで必勝法を使うために注意すること

必勝状を使う注意点

ブラックジャックで必勝法を使うことは可能ですが、注意しておく必要があります。

  • 確実に勝てる保証はない
  • 軍資金以上の賭けを行わない(損切りラインを決めておく)

注意を怠ることで損益が膨らむ可能性もあるので気を付けるようにしましょう。

確実に勝てる保証はない

ブラックジャックは勝率が102%と非常に高いペイアウト率を誇っています。そのため必勝法を使うことで利益を上げることができますが、絶対に勝てると過信してしまうと痛い目に遭う場合もあります。

ブラックジャックはカジノゲームでありギャンブルの一種なので、確実に勝てるという保証はどこにもないからです。連敗が続くこともあるので、損切りのタイミングを見極める必要もあります。

確実に勝てると過信せずに、戦況を見極め一時撤退する勇気も身に付けておきましょう。

軍資金以上の賭けは行わない(損切りラインを決めておく)

ギャンブルや勝負事になると、人は理性を失い軍資金以上に資金を投資する傾向にあります。軍資金以上の資金を投資してしまうと、私生活にも影響が出てしまい生活苦に陥ってしまいます。

そのため、必ず軍資金(損切りライン)の最低ラインを決めておき、最低ラインに到達したらゲームを中断するようにしましょう。理性を失うと勝てる勝負も負けてしまうので、冷静に対応できるようにしておきましょう。

終始の管理もブラックジャックなどのギャンブルでは、とても重要になるので覚えておいてください。

ブラックジャックの必勝法が使えるおすすめのオンラインカジノ

おすすめのオンラインカジノ

当サイト厳選、ブラックジャックの必勝法が使えるオンラインカジノを10個紹介していきます。

どのカジノも、ブラックジャックに加えて非常に多くのゲームが楽しめるところばかりです。

オンラインカジノ名 登録ボーナス 特徴 公式リンク

ラッキーニッキーラッキーニッキー

40ドル
※ブラックジャック利用不可
当サイト限定ボーナスあり 公式 詳細

カジノレオ

スロット10回分 モバイルに最適化されたカジノ 公式 詳細

ベラジョンカジノベラジョンカジノ

ゴールデンチケットのフリースピン150回分(30ドル相当) 日本で人気No.1 公式 詳細

カジノシークレット

なし 入金キャッシュバックあり 公式 詳細

インターカジノ

ムーンプリンセス100のフリースピン150回分ドル 20年以上の運営歴 公式 詳細

ボンズカジノ

50ドル 高額な登録ボーナス 公式 詳細

カジ旅カジ旅

40ドル
※現在停止中
RPG要素が楽しめる 公式 詳細

遊雅堂

30ドル 日本円でプレイ可能 公式 詳細

カジノミー

なし ゲーム攻略でキャッシュバック 公式 詳細

ミスティーノ

10ドル+スロット60回分 ひと目でわかるサイト設計 公式 詳細

各オンラインカジノについては『ブラックジャックで遊べるおすすめのオンラインカジノ』をまとめた記事で詳しく解説しています。
さらに詳しい情報が知りたい方は、あわせてチェックしてみてください。

ブラックジャックの必勝法に関するQ&A

最後に、ブラックジャックの必勝法に関する質問に回答していきます。
細かい点も把握して、気持ちよくプレイできるようにしましょう。

ブラックジャックの必勝法を考えたのは誰?

ブラックジャックの必勝法は「エドワード・オークリー・ソープ」という数学者が発案しました。
カウンティング」もエドワードが編み出したもので、実際にカジノに出向いて所持金を2倍以上に増やしたと言われています。

ブラックジャックの必勝法は、権威ある数学者の緻密な計算で生み出されたものです。
「本当に使えるの?」と疑う方も、安心してご活用ください。

ブラックジャックの攻略ツールはない?

ブラックジャックを自動で攻略するツールはありません
しかし、攻略法に使う数列の計算をサポートするツールは、いくつかネット上で見つかります。

自動化したい気持ちは察しますが、サポートツールを使って自力で計算しながら勝利を目指しましょう。

ブラックジャックのディーラーはなぜ強い?

ブラックジャックのディーラーに強い弱いの基準はありません。

ディーラーは決められたルールに従って、ゲームを進行するだけなので、
その場で判断を変えることなく、淡々とこなしていきます。

そのため、連勝や連敗が続くのは「たまたま」ルールに従った結果ということになりますね。

ブラックジャックの必勝法で有名なカウンティングは禁止?

ブラックジャックの中でも有名な必勝法であるカウンティングは、ランドカジノで禁止されている手法のひとつです。

ランドカジノでは、ディーラー相手となって遊ぶためカウンティングを行うとすぐにバレてしまいます。

しかし、オンラインカジノでブラックジャックを行なっても対面ではないためカウンティングの使用が可能です。

厳密には、オンラインカジノでカウンティングの使用はグレーな部分なのであまりおすすめできません。

しかし、ブラックジャックで勝利のみを目指すのであれば必須の手法となっているため、本当に勝ちたいプレイヤーはオンラインカジノで使用するようにしましょう。

ブラックジャックの必勝法を利用して勝てない理由は?

必勝法を使ったからといって、必ず勝てるようにはなりません。

必勝法を利用することで、勝つ可能性を高めているだけです。

負ける可能性が1%以上あります。勝つ可能性を高めるには、必勝法のルールを正しく理解することです。

必勝法の使い方を間違えば、せっかく負けない盤面でも負ける可能性があがります。

必勝法を利用するときは、ルールを正しく理解してから使いましょう。

まとめ:必勝法を活用してブラックジャックを攻略しよう!

この記事では、ブラックジャックの必勝法に関する情報をまとめてきました。

ブラックジャックは、そもそも還元率が高いゲームです。
加えて、必勝法や攻略法を用いることで、さらに勝率を高めることができます。
必勝法を使った還元率は「102%」とも言われており、非常に勝ちやすいゲームです。

また、オンラインカジノであれば、プレイしながらカンタンに数列をメモできます。
攻略法は複雑なメモが必要になるケースも多いので、落ち着いて書き留めながらプレイできる点は嬉しいポイントです。

オンラインカジノで必勝法を活用しながら、ブラックジャックで安定的な利益を生み出しましょう!

記事内容について連絡

当サイト限定!登録で豪華入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノ

ラッキーニッキー

luckyniki
限定40ドル入金不要ボーナス!ラッキーニッキー
マルチバース風のサイトとキャラクターがお出迎えしてくれるオンラインカジノ。選べるボーナスや日替わりプロモなどでお得に遊べちゃいます!ハイローラー向けのVIP制度も完備!
  • 入金不要ボーナス40ドル
    入金 ボーナス 選べる最大500ドル100%ボーナスor50〜200%のランダムボーナス
  • 賭け条件60倍
    ボーナスコード-
決済方法
  • JCB
  • アストロペイ (Astropay card)
  • ヴィーナスポイント (Venus Point)
  • エコバウチャー(Ecovoucher)
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • ビザカード (Visa Card)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • マスターカード (Master Card)
  • マッチベター (MuchBetter)
  • 銀行送金
\登録するだけで/
40ドル
入金不要ボーナスGET

コニベット

konibet
限定50ドル入金不要ボーナス!コニベット【ボーナスコードあり】
サポートが充実しており初心者でも安心!さらにRTP(ペイアウト率)が常時表示されているので数値を気にするベテランも納得!誰もを満足させてくれるオンラインカジノです。
  • 入金不要ボーナス50ドル
    入金 ボーナス 最大650ドルキャッシュバックもしくは最大500ドルボーナス
  • 賭け条件0倍
    ボーナスコードJ500
決済方法
  • JCB
  • Tiger Pay
  • アイウォレット (iWallet)
  • アメリカン・エキスプレス・カード (American Express Card)
  • イーサリアム (Ethereum)
  • ヴィーナスポイント (Venus Point)
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • スティックペイ (STICPAY)
  • ダイナース (Diners)
  • テザー (Tether)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • マスターカード (Master Card)
  • ライトコイン (Litecoin)
  • リップル (ripple)
\登録するだけで/
50ドル
入金不要ボーナスGET

ベラジョンカジノ

verajohn
人気NO.1!誰もが認める王道オンラインカジノ
ボーナス・キャンペーンやゲームの種類など、どれを取っても超一流!初心者からハイローラーまで、誰もが認める人気No.1のオンラインカジノです。
  • 入金不要ボーナスゴールデンチケット150回フリースピン
    入金 ボーナス 3回目までの入金で最大950ドルボーナス
  • 賭け条件20倍
    ボーナスコード-
決済方法
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス・カード (American Express Card)
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • ジェットオン (Jeton)
  • ビザカード (Visa Card)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash)
  • マスターカード (Master Card)
  • マッチベター (MuchBetter)
  • ライトコイン (Litecoin)
  • リップル (ripple)
  • 銀行送金
\登録するだけで/
ゴールデンチケット150回フリースピン
入金不要ボーナスGET

DORA麻雀

dora
本格麻雀が楽しめる!真剣勝負をしたいならココ!
麻雀での真剣勝負ができるサイトで、場代が安いのが最大の魅力!無料卓もあるので、自信のない方でも安心してプレイできます!
  • 入金不要ボーナス-
    入金ボーナス 初回入金で
    最大200ドル
    ボーナス
  • 賭け条件-
    ボーナスコード-
決済方法
カジノ
4.2 rating
2021年にスタートした今注目を浴びているナショナルカジノ。豊富なゲーム数や多くの決済方法でプレイヤーが遊びや…
4.3 rating
beebetは、スポーツベットが楽しめるオンラインカジノです。サッカーや野球などのメジャースポーツにベットでき…
4.5 rating
10BETは2024年にリニューアルしたオンラインカジノです。ゲームは2000種類以上用意され、スポーツベット…
4.5 rating
ビットカジノは、多くの仮想通貨に対応しているサイトです。仮想通貨のセキュリティの面から、本人確認書類の提出も必…
4.0 rating
ゴールドラッシュカジノはボーナスが豊富なオンラインカジノです。初回入金ボーナスは最大72,000円もらえ、入金…
4.2 rating
7スピンカジノは2022年に開設した新設オンラインカジノです。ボーナスが豊富で、入金不要ボーナスや初回キャッシ…